Sponsored Link

ミニマリストの部屋に遂にテーブルがやってきたんだけど、快適すぎて泣きそうになった。

 

その日のしましまは、どこかそわそわしていた。

 

休日の暖かい昼下がり。

いつものようにパソコンをポチポチしながらも、

しましまの意識は常にインターホンに向けられていた。

 

今日のために、ドライバーを手に入れ、

今日のために、いつもより床をピカピカに磨いた。

なぜかわからんが歯も二回磨いた。

 

それを迎え入れる準備はできているのだ。

あとは、インターホンが鳴るのを待つだけである。

 

思い起こせばこの半年間。

旧ブログから、

テーブルが欲しい、欲しいとぼやいていましたが、

 

遂に、その日がやってきたのだ。

Sponsored Link

 

テーブルなしで暮らしてたってマジ?

マジである。

 

いや、マジだから。

ほんとだからね。

引っ越ししてからずっとテーブルなしだったから、私。

 

これをリアルの知人にカミングアウトするとみんなドン引きするんで、

あんまり言わなかったけどさ。

 

でも、やっと届いてうれしいから、明日はいろんな人に言いふらそうと思う。

 

ミニマリストはやっぱりローテーブルを選んだよ

床座生活が基本のミニマリスト。

●関連記事⇒ミニマリストの生活スタイル!”床座”が多い理由とは?

 

私ももちろん、床座派。

椅子というものを持ちたくなかったんで、

テーブルの選択肢はローテーブル一択だった。

 

結果としては・・・やっぱりイイね!

6畳のコンパクトな部屋だけど、

圧迫感もなく、イイ感じです。

次のページでテーブルのお披露目!

    

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link