ミニマリストの住まい

掃除道具の収納方法!クローゼットの外に出したら捗って便利!【とあるミニマリストの場合】

ミニマリストのみなさん!

掃除道具ってどのように収納されていますか?

お部屋をキレイに保つために必須の掃除道具。

掃除機とかクイックルワイパーとか雑巾とかいろいろあるけれど、

汚れるものだから、”目に付く場所には置きたくない“って方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて今回は、私が使っている掃除道具とその収納方法について紹介しようと思います!

主な掃除道具は3つ

はじめに、どんな掃除道具を使っているか紹介しますね。

部屋にあるのはこの3つです。

箒とチリトリ

P1000464

掃除機を使っていた頃もありましたが、

小さな部屋だとで十分と思うようになりました。

掃除は質より頻度です。

箒は手軽なので、まめに掃除ができます。

コロコロ

P1000462

布団など布製のものを掃除するときに使用しています。

髪の毛とかキャッチするのに便利ですよね。

ウェーブ

P1000463

家具や家電にほこりが被った際に、これでサ~っと撫でています。

掃除道具の中では、これが一番やってて楽しいです。

すぐ手の届く範囲に収納したい

もちろんこの3つ以外にも、トイレ用の洗剤とか、雑巾とか、スポンジとか、掃除道具はあります。

でも基本の掃除はこの3つですね。

一番使用頻度が高いです。

なので、”すぐ手の届く範囲に置いておきたい“。

そんな思いがあります。

見せる収納でいいんです

P1000461

クローゼットにしまい込む収納はやめました。

部屋にそのまま見えるように置いています。

壁にかけてしまうことで、床面積を取らず、床掃除が楽に行えます。

ついでにティッシュなどよく使うものも壁に貼り付けてます。

ティッシュの横は、クリアファイルです。

帰宅したら、その日の領収書やレシートをここにポイポイしています。

すぐに掃除ができて捗った

掃除道具をクローゼットなど家具にしまい込んでしまうと、

掃除をするためには、”家具から取り出す“というステップが必要になってきます。

ずぼらミニマリストとしては、もうこれだけでダメです。笑

掃除頻度が下がってしまう自信があります。

多少不格好ではありますが、部屋の中心にドーンと置いてしまうことで、

なんとかキレイな部屋を保つことができています。

掃除道具の置き場所“って結構重要です。

参考になる本

掃除道具を、部屋の中心に置くことを勧めている本があります。

それは”部屋を活かせば人生が変わる“というタイトルの本です。

部屋を活かせば人生が変わる

本書の中には、環境をより良く変えるための方法が書かれているのですが、

その中に、

  • 掃除道具をピカピカに磨いておく
  • 部屋の中心に置く

っていうのがあるんですね。

理由としては、部屋に「掃除の道」を通しやすくするためらしいのですが、

私は、なるほどな~と納得したので真似っこしています。

最後に

人生がうまくいく人といかない人を分けているのは、能力ではなく環境です。

こんな一節が、本書にはあります。

能力は先天的なものですが、

環境なら、今からでも変えることができますね!

その一歩として、”掃除の行き届いた気持ちの良い部屋“に整えたいものです。

あなたもやってみませんか?^^

おしまい☆