Sponsored Link

ミニマリストの食器の数は最低限どれだけあればいい?【画像】

こんにちは、しましまです。

最近、ほんとに暑いですね~!

みなさん熱中症には気をつけてくださいね。

 

さてさて、

私が冷蔵庫を買って、自炊するようになってから約一ヶ月が経とうとしています。

それまでは、冷蔵庫を持たず、料理らしい料理もせず、食事は外で済ますアウトソーシング派でした。

こちらの記事に詳しく述べているのですが、

食器もろくに持ってなかったんですね。マグカップくらいかな。

前まではそれでもよかったんですけど、自炊をはじめるとなると、そうもいかない。

ということで今回は、ミニマリストの食器について考えてみようと思います。

Sponsored Link

一人に必要な食器ってどれくらい?

ご飯を食べるときに必要な食器。

一人分に必要な食器って、一体どれくらいでしょうか?

  1. 茶碗
  2. お椀
  3. お皿
  4. 小鉢
  5. どんぶり
  6. 湯呑み

ざっとこれだけあれば、いろんな料理に対応できそうですね。

そこに、

  1. お箸
  2. スプーン
  3. フォーク

が一本ずつあれば、十分でしょう。

 

一度に揃えず、少しずつ

私も上記のセットを目指して、食器を少しずつ揃えているところです。

なぜ、一度に揃えないかというと、「もっと少しの枚数でいけるんじゃないか?」と思うことがあるからです。

自炊といっても、私は一汁三菜も作らないので(ほとんど丼もの!)、一回の食事にお皿をたくさん使わないのです。

結局、いま持っている食器は、

P1000467

お茶碗どんぶりの2つです。

私の作る料理のレパートリーの少なさから、これでなんとかなってます。笑

でもゆくゆくは、お皿とお椀も買う予定です。

後半へつづく

    

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link