ミニマリストの身だしなみ

女ミニマリストの秋服コーデ!アウター3枚をプラスして夏服を活かす具体例4つ!

こんにちはー、しましまです。

もうすぐ夏も終わりですねぇ。

秋がすぐそこまで来ております。

ということで今回は、女性ミニマリストの秋服をテーマに、私の私服を公開してみようと思います。

前回の夏服バージョンのアイテムに、アウターを3枚プラスするだけで、私の初秋のコーデは完成なのですー。

それでは見ていきましょう!

夏服アイテムおさらい

P1000588

詳細⇒女ミニマリストの夏服公開!お出かけワードローブは5枚の服と3つの小物。

前回、紹介しました夏のワードローブのおさらいから。

  1. 白のシフォンスカート
  2. 黒のペンシルスカート
  3. 英字ロゴの白Tシャツ
  4. 黄色のカーディガン
  5. ノースリーブの白ニット
  6. 白ハイカットスニーカー
  7. トラベルウォレット
  8. 眼鏡

これらのアイテムを秋もそのまま使ってゆくのです。

プラスするアウターは下記の3つ。

  1. 黒のジャケット
  2. 青の薄手コート
  3. グレーのパーカー

すべて羽織りものですね。

はてさて、これらを組み合わせると、どのような秋コーデになるのでしょうか!

1、黒のジャケット

P1000606

まずは一つ目。かっちりとした印象を与える黒のジャケット

でも、これは素材がジャージなので、柔らかいです。

カジュアルに着ることができます。

ユニクロのものなんですが、ユニクロに見えません。

着たときのシルエットがすごくキレイでお気に入りです。

黒ジャケットの秋コーデ

P1000610

秋はこのように着ます。

Tシャツのロゴを、ジャケットの胸元から覗かせるところが好きです。

黒ジャケットは印象が重くなりがちですが、白のシフォンスカートが軽さを出してくれています。

2、青の薄手コート

P1000607

2つ目はこちら。

ライトオンのものです。襟が外せます。

これを着ると、なんだか旅人っぽい雰囲気が出るのですー。

まるで気分はスナフキン

黒いリュックと組み合わせて、遠出するのが好きです。

着てるといろんな人から、「青いね~☆」って言われます。なんで?

青コートの秋コーデ

P1000608

黒のペンシルスカートと合わせます。

鮮やかなと、トラベルウォレットのオレンジが、意外に合いますね!

袖は必ずまくって、裏地の迷彩柄をみせるのがポイントです。

3、グレーのパーカー

P1000613

最後のアイテムはこちら。

グレーのパーカーって、男女問わず一枚は持っているイメージなんですが、あなたはお持ちでしょうか?^^

誰にでも似合うし、超使えますよね!

私も大好きです。

選び方のポイントとしては、サイズがジャストで、コンパクトに着られるもの。

余分なゆとりは要らんです。

色は濃いグレーより、薄いグレーが女性には合わせやすいです。

グレーパーカーの秋コーデ

P1000611

イエローのカーディガンを差し色として使います。

袖まわりや襟まわりからイエローをチラチラ覗かせるのですー。

今回ご紹介したコーデの中でこれが一番カジュアルですね。

よく晴れた日に、このコーデでお散歩に行きたいです。

もっと寒くなってきたら、どう着る?

初秋というのは意外にあっという間で、すぐに風が冷たさを増していきます。

「さささ、、さむ~い!!!」

そんなとき、分厚い冬のコートを引っぱり出す前に、秋コーデに一工夫してみましょう。

黒ジャケット×グレーパーカー

P1000612

グレーパーカーをインナーとして、黒ジャケットに合わせます。

パーカーをジャストサイズのコンパクトなもので選んでおけば、こんな着方もできるのです。

スニーカーをショートブーツに変え、さらにカラータイツを履けば、足元の防寒もバッチリです。

少ない服で賢く着まわそう

いかがでしたか?

肌寒くなるにつれて、どうしてもたくさん重ね着するため、服の数も増えていきますが、

賢く組み合わせることで、枚数を少なく抑えたいですね!

ではでは、みなさんの参考になりましたら幸いですー。おしまい☆