Sponsored Link

引き出しは要らない!デスクの整理収納は鞄で片付ける!【ぷちDIY】

スクを買いました。

P1000720

ミニマリストのデスク選び!シンプルを求めたらコの字型になったよ【画像】

 

引き出しの付いていない、シンプルなデスクです。

私は、パソコンに向かうときやご飯を食べるときなど、ほとんどの日常作業をこのデスクで過ごしています。

 

結果・・・

机の上にモノが散らかりやすくなるのですが・・・

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-06-NAT84_igirisukizokunotukue500-thumb-1000xauto-2999

なんとかキレイな机をキープしています(*^-^*)

今日は、引き出しがなくてもモノがすっきり片付いている秘密を紹介します!

Sponsored Link

デスクに鞄をぶらさげる

P1000732

机の横に、をぶらさげられるようにしています。

この中に、必要なモノをすべて入れてしまっています。

なので、机の上はいつもスッキリ!というわけです。

 

名付けて、カバン収納法

もともと、この「カバン収納法」は、ローテーブルを使用していたときにすでに編みだされていました。

P1000480貴重品の収納×管理×保管方法!自宅でもバッグを使うのがミニマリスト!【画像】

持ってるモノが少ないので、貴重品や日用品など大切なモノは、すべてこのバッグに収まってしまうんですね。

 

テーブルを変更したことによって、

  • 床に置く ⇒ ぶらさげる

になっただけです。笑

 

カバン収納法のメリットとは

モノを片付けるときに、一般的に用いられるのは、「箱モノ」です。

引き出しとか、収納ボックスとかですね。

4adec9fe4225d26fb9c8fe5c170c1f20_s

取り出しやすくて、仕舞いやすい!

インテリア的にもオシャレで見栄えがいいです。

 

対する「カバン収納法」はどんないいところがあるのでしょうか?

私が考えるに、

  1. 持ち運べる
  2. 防災に強い

この2つだと思っています。

 

特に防災面。

大事なモノはすべて入れてあるので、”何かあったときは、これだけ持って逃げられる身軽さ“があります。

かの有名なセリフ、「40秒で支度しな!」も実現可能ですね!

 

さて。次のページでは、

鞄をぶらさげるためにデスクに施した加工の様子をお届けしますー。

次のページへGO!

    

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link