Sponsored Link

女ミニマリストの部屋!広さが”1K6畳”でもスッキリ広々な4つの理由

3、寝具は”畳めるもの”を選ぶ

住まいの中で、一番床面積を取るものはなんでしょう?

ほとんどの人の場合、寝具ではないでしょうか。

 

シングルサイズの寝具を用いるのであれば、200×100cmほどの面積を取ります。

畳み1畳分の面積が182×91cmなので、それ以上の面積を取ってしまいます。

 

部屋を広々と使いたい私は、シングルサイズの和布団を使用しています。

使わないときは折り畳めるところが良いのです。

P1000359

 

もっとコンパクトを目指して、ミニマリスト御用達の寝袋に挑戦したこともありましたが、無理でした笑。

P1000329

楽しかったけどね。

 

寝具に畳めるものを選ぶと、部屋が広くなります。

マットレス派の方なら、三つ折りマットレスなどはいかがでしょう?

畳むと簡易ソファーになると、他のミニマリスト達に好評みたいですよ。

Sponsored Link

4、収納・家具は”壁掛け”タイプを選ぶ

物が増えると、その分、床面積を取る。

でも・・・

壁掛けにすれば大丈夫ですよ!

 

私も、姿見は壁掛けタイプを選びました。

P1000456

●関連記事⇒姿見は壁掛けで軽量化!賃貸でも取り付け簡単!ミニマムな”身支度コーナー”できました!

 

床面積を取らないので、お部屋広々!

お掃除がしやすくなるというメリットもあります。

 

ちなみに横に掛けているのはトラベルポーチです。

コスメ類も壁掛けにすることで、ドレッサーなどの家具も要らなくなりました。

●関連記事⇒トラベルポーチの使い方!吊り下げ収納で日常使いがいい感じ!

 

もし・・・

あなたがテレビが必要で持ちたいのであれば、壁掛けにするとスッキリします。

壁に棚を取り付ければ、本棚として本を並べてもいいですね。

 

お部屋スッキリ!のために、必要な物まで持つのを我慢するのはナンセンス。

私は、畳めるタイプ・壁掛けタイプなど、工夫をこらして楽しんでいます。

 

まとめ

ということで・・・

  1. テレビを持たない
  2. 本棚を持たない
  3. 寝具は畳めるものを選ぶ
  4. 収納・家具は壁掛けタイプを選ぶ

この4つの工夫で、私の部屋は広々スッキリ!なのでした。

あなたの参考になれば幸いです^^

おしまいっ☆

    

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link