Sponsored Link

押入れ収納術!奥行きに合った収納ケースで服が取り出しやすくなったよ【画像】

みなさんこんにちは!しましまです。

2015年も残りわずかですね~。

実は最近、ライフオーガナイザー2級講座というものに行ってきました。

そのお話はまた別でするとして、そこで学んだことを服の収納方法に活かしてみたので、紹介しようと思います!

Sponsored Link

以前のおさらい【before】

これは私の部屋の押入れです。

2014014203

(ずっとクローゼットだと思ってたんですけど、実は押入れだったということに講座を通して気づきました。クローゼットと押入れは、奥行きの長さに違いがあるそうです)

私はここに、すべての服を収納しています。

 

以前は、ハンガーパイプに掛けたり、

P1000019

吊り下げホルダーに靴下をポイポイ投げ入れていたり、

P1000021

3段引き出しチェストを使ったりしていました。

P1000020

●関連記事⇒ミニマリストは服をどのように収納しているのか?

これはこれで機能はしていたんですけども、今回思いきって、吊り下げホルダーと引き出しチェストを廃止しました。

それでどうなったかというと・・・

 

ハンガーパイプとFitsの収納ケース【after】

P1000861

こうなりました!

以前は、吊り下げホルダーがハンガーパイプの一部を占領していたので、服がぎゅうぎゅうにかかっていたのですが、とっぱらったことで、ゆとりを持ってかけることができました。

パイプにかかった防虫剤がまぶしいですね☆

そして、引き出しチェストのかわりに、新しくFitsの収納ケースを導入です。

押入れに合った奥行きや、上にかかった服がぶつからないような高さを考えたところ、Fitsがちょうど良かったです。

私の場合はひとつあれば十分。

靴下のような細々したものはここに入れています。

 

ただいま洗濯中なので、この写真に写っている服がすべてではないですが、

普段着も、仕事着も、スーツも、まるっとここに収まってくれるので、管理が楽になりました。

 

さてさて、

それでは次に、収納ケースの中を覗いてみましょう~。

次のページへつづく!

    

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link