ミニマリストの住まい

押入れ収納術!奥行きに合った収納ケースで服が取り出しやすくなったよ【画像】

みなさんこんにちは!しましまです。

2015年も残りわずかですね~。

実は最近、ライフオーガナイザー2級講座というものに行ってきました。

そのお話はまた別でするとして、そこで学んだことを服の収納方法に活かしてみたので、紹介しようと思います!

以前のおさらい【before】

これは私の部屋の押入れです。

2014014203

(ずっとクローゼットだと思ってたんですけど、実は押入れだったということに講座を通して気づきました。クローゼットと押入れは、奥行きの長さに違いがあるそうです)

私はここに、すべての服を収納しています。

以前は、ハンガーパイプに掛けたり、

P1000019

吊り下げホルダーに靴下をポイポイ投げ入れていたり、

P1000021

3段引き出しチェストを使ったりしていました。

P1000020

●関連記事⇒ミニマリストは服をどのように収納しているのか?

これはこれで機能はしていたんですけども、今回思いきって、吊り下げホルダーと引き出しチェストを廃止しました。

それでどうなったかというと・・・

ハンガーパイプとFitsの収納ケース【after】

P1000861

こうなりました!

以前は、吊り下げホルダーがハンガーパイプの一部を占領していたので、服がぎゅうぎゅうにかかっていたのですが、とっぱらったことで、ゆとりを持ってかけることができました。

パイプにかかった防虫剤がまぶしいですね☆

そして、引き出しチェストのかわりに、新しくFitsの収納ケースを導入です。

押入れに合った奥行きや、上にかかった服がぶつからないような高さを考えたところ、Fitsがちょうど良かったです。

私の場合はひとつあれば十分。

靴下のような細々したものはここに入れています。

ただいま洗濯中なので、この写真に写っている服がすべてではないですが、

普段着も、仕事着も、スーツも、まるっとここに収まってくれるので、管理が楽になりました。

さてさて、

それでは次に、収納ケースの中を覗いてみましょう~。

引き出しの中の様子

P10030856

引き出しの中はこんな感じです。

  1. 靴下
  2. 下着
  3. ハンカチ
  4. 手袋

などなど細々したものをすぐに取り出せるように手前に入れています。

私は大雑把なので、洗濯してあればハンカチと靴下が接触していても気にしない〜。

無印良品の”収納用仕切ケース”が良い!

靴下とか下着を引き出しの中で仕切るのに活躍しているのが、無印良品の「収納用仕切ケース」です。

素材が不織布でできているので、柔らかく、小さく折り畳むことができます。

P1000862

これまたFitsの横幅とちょうどいい大きさで・・・

P10040857

私は2つ使っています。

【おまけ】

P1000859

引き出しの隣には「毛玉取り器」を完備しています。

服とセットで使うものなので、近くに収納するのがいいんじゃないかと。

buro(ビュロー)の収納ボックスは、これまた折り畳み式なので、ぺちゃんこになります。

さてさてそれでは、しましまの新しい服の収納方法でした!

参考になりましたら、うれしいです。

関連記事