ミニマリストの持ち物

文房具はコンパクトで小さいものを愛用中!ハサミ、メジャー、カッターを紹介します

文房具は、ミニサイズのコンパクトなものを愛用しています。

小さいだけで、なんだかとっても可愛らしい♡

眺めてるだけで、気持ちがなんだか和むのです。

ということで今回は、私が持ってる”小さな文房具たち“を紹介しますー。

レイメイ藤井 ペンカット ハサミ

P1000646

ペンのようにかさばらず、コンパクトに持ち運べることが売りのハサミです。

スリムなんでペンケースに入っちゃうんです。

組み立てるのに5秒ほどかかるので、たまに使う人向け。

ミドリ CL メジャー 1.5m

P1000643

これ可愛くないですか?^^

まるで目薬!とっても小さなメジャーです。

ウエストを計ったり、物の長さを計ったり、大活躍しております。

私の場合、メジャーがあれば、定規は要らないです。

P1000647

小さくても機能は十分。1.5mまで計れます。

ミドリ CL カッター ミニ

P1000644

これまた小さなカッターですー。可愛い。

すごく小さいんですけど、機能が素晴らしいんです。

  1. 刃を裏返すことで、左右両利きに対応するユニバーサルデザイン
  2. 刃の切れ味が悪くなったら安全に折れるように、底には折り器が付いている
  3. 専用替刃も販売されている
P1000648

分解するとこんな感じ。

よくできてるなー。

小さくすると、機能が損なわれる?

さてさて、いかがでしたか?

どれも小さくて可愛かったでしょ?^^

でも・・・文具は小さければ小さいほどイイ!ってものではないですよね。

小さくすることで、本来の機能が損なわれてしまう可能性もあります。

例えば、はじめてこのハサミを見たとき、

 長谷川刃物 プチはさみ CA-35-P ピンク

あまりの小ささに、「満足に切れないでしょ!」「さすがに需要ないでしょ!」っとツッコミを入れました。

このサイズはもう、ハサミとしての機能が満足に発揮されないと思ったんです。

でも・・・

実はこのハサミ、通常のハサミはできないことができるんです!

小さいことで可能になることもある!

なんとこのハサミ、航空機の機内に手荷物として持ち込めるんです。笑

096825

国土交通省の指針で、刃渡り6cm以下で先が尖っていないハサミであれば持ち込み可となっています。

通常のハサミでは持ち込みは不可です。

でも、このハサミは基準を満たしているので、機内で活躍されてるCAさんも多数愛用されているんだとか。(情報元はAmazonレビュー)

小さいことで、可能になることもあるんですね!

ちなみに牛乳パックも切れるとかで、笑っちゃいました。

小さくても切れ味抜群だな。笑

「おそらく、コレ、世界最小のハサミです。」

もう文具の域ではないですが、医療用で刃渡り2mmという極小ハサミがあります。

動画約2分↓

身体の中のガン細胞をチョキンと切るためのハサミだそうで。

長野の職人さんがひとつひとつ手作業で作られるとか。

「おそらく、コレ、世界最小のハサミです。」ってかっこいー!!!

日本の技術はすごいですね!

ミニマムサイズが豊富な日本

ものを小さくする技術においては、日本が世界で一番です。

ミニマリストとして、良い国に生まれたものですー。

日本の技術で、ミニマムサイズのものがもっと増えることを期待しましょう!ではでは、今日はこのへんで☆