シンプルなスキンケア

サンホワイトの使い方!ワセリンは顔と身体だけじゃなく髪にも使えるんです。

高品質な白色ワセリン、サンホワイトp-1。

私は、このワセリンのみのシンプルスキンケアを続けています。

今回のブログでは、実際にどのように使っているのか、サンホワイトの使い方を紹介しますね。

●前回の記事⇒サンホワイトp-1がいい!他のワセリンとの違いとは?私が迷わずこれ一択を選ぶワケ。

実はワセリンって、成分がシンプルなので、用途に限りがないんです。

これひとつでいろいろ使えるんですよ。

私は、肌に塗るだけじゃなく、にも使用しています。

その方法とは・・・?

顔編

乾燥が気になるところに

お風呂上りや洗顔後、乾燥が気になるところに薄~くつけます。

私の場合、乾燥が気にならなければ、ワセリンすら付けません。

ワセリンはあくまで補助。自分の皮脂で保湿できるのが一番いいです。

サンホワイトは化粧下地に最適!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-AI_IMG_7795-thumb-1000xauto-17758

実は私がサンホワイトをよく使うのは、メイク前です。

米粒2つ分、顔全体に伸ばします。

実は、サンホワイトは化粧下地にとても適しているんですよ^^

あらかじめ膜をつくっておくことで、メイクが肌に直接触れることを防いでくれるんです。

メイクは肌に悪い成分も含まれていますからね。

アイシャドウやチークなどの色素から、肌を守ってくれます。

またサンホワイトは、高品質なので、酸化もほとんど起こしません。

紫外線の影響も受けにくいので、安心して外出できます。

リップクリーム・グロスにもなる

P1000653

唇に塗ると、保湿してくれるだけでなく、自然なツヤも与えてくれます。

口紅を塗る前に保護として先に塗っておくこともしますが、口紅にツヤがほしいとき、さらに上からサンホワイトを塗るときもあります。

無味・無臭なので、口元に使っても気持ち悪くなることはありません。

身体編

お風呂上りに

冬になると身体もカサカサしてきます。

そこで、お風呂上りにサンホワイトを塗るのですが・・・

身体に水滴が残った状態で塗ると、よりしっとりして保湿効果が高まります。

水仕事の前に

5965d04bb5a328440bbf39d17dcc83d1_s

水仕事の前に、保護としてサンホワイトを塗っておきます。

ワセリンは、手荒れになってから塗るのではなく、手荒れになる前に塗るのが効果的なんです。

手に膜をはってくれて、水をはじいてくれます。

これで、手荒れになる原因をつくらせないようにしています。

髪編

あほ毛おさえに使える笑

ヘアワックスとして髪全体にワセリンを使うとベットベトになって大変なことになります。

やめておきましょう。

でも・・・

あほ毛おさえにほんの少し使うにはとてもいいです♡

おとなしくなってくれます。

サンホワイトは硬く、伸びにくい

ワセリンの特徴として、温度によって硬くなったり、やわらかくなったりします。

これは暑くて溶けているところ↓

P1000653

特にサンホワイトは、ワセリンの中でも硬い部類に入ります。

つまり、扱いにくいのです。

そのために、使用時にちょっとしたコツが必要です。

顔に塗るときのコツ

使用する分のサンホワイトを手のひらにだして、両手でこすり合わせます。

そして、顔にスタンプのように押し当てて塗っていきます。

冬場はどうする?

冬は特に硬くてまったくのびません。

対策としては、冬はサンホワイトをやめて、

こちらのやわらかワセリンを使うのも手です。

私も昨年の冬はこれを使いました!寒くても伸びがよく扱いやすかったですー。

シンプルスキンケアで美容費がミニマムに

いかがでしたか?

私はスキンケアをワセリンひとつにしたことで、美容費の節約にもなりました。

私の場合、サンホワイトのチューブ1本で5ヶ月ぐらい持ちます。

シンプルスキンケアは、お財布にも優しいみたいですよ^^

おしまい☆